増加傾向のあるペットのガン!

増加傾向のある犬や猫などペットのガン!

急増しているのは20年前ほどからで、その理由は寿命が延びたことです。
寿命が短ければガンが発病することはなかったのです。
そして食事の影響も考えられます。
犬や猫などペットも室内で飼うライフスタイルもあるでしょう。
目に付くことが多いですから病気になっても、すぐに異変に気がつきます。
病気を早期発見できることも長寿の理由です。
室内で飼うことが多ければ交通事故にも遭遇しません。
 
ひと昔は怪我や感染症のために5歳位で死んでしまう犬は普通でした。
今では10年以上生きることが普通になっています。
 
 
 
  • 犬のガンが増えることは当然の結果
 
寿命が延びたといってもいつかは死に至ります。
老衰によって自然死しなければ怪我や病気で命を落とします。
最近、犬の死因で増えているのは「ガン」と「心臓病」です。
いずれの病気も治癒が難しいです。
心臓病のほうは投薬が中心の治療になります。
上手くコントロールすれば治癒も期待できます。
 
しかしながら、ガンはそうではありません。
一部の早期がんは別として、治癒が困難どころかコントロールさえもできません。
一般的な治療をしても多少延命できるかどうかという難病なのです。
 
若い元気な犬とくらベて高齢の犬のがん発症率は高いです。
他の病気で死亡することがなくなって犬の寿命が延びています。
寿命が延びれば延びるほどがんで死亡する犬が増加するという統計になるのは当然なのです。
 
 
 
  • がんについて知っておきたい基礎知識
 
犬の体内には何百万から何十億個ものガン細胞があるような状態ががんです。
ガン細胞の固まりを「がん」と呼ぶ事もあります。
どちらかと言うと、それは「腫瘍(しゅよう)」と呼ぶ方が適切でしょう。
 
1立方センチメートルの腫瘍が10億個のガン細胞の集合体
角砂糖サイズならば30億個のガン細胞になります。
実際には犬の身体の中には1個や2個のガン細胞があるのは普通です。
数百から数千のガン細胞があります。
しかし、その程度であればがんではありません。
億単位のガン細胞になると危険なのです。
ちなみに人間の場合は、1個のガン細胞が分裂して角砂糖サイズになるには
10年程度必要だという研究結果があります。
 
 
 
  • 何個になったら「がん」なの?
 
がんは病名ですから、ガン細胞が何個以上になったら「がん」という考えではありません。
腫瘍(ガン細胞の固まり)が触診をしたり画像検査で発見されます。
そのときに医師から「がんの疑いがあります」と説明されます。
その後、精密検査をします。生検(バイオプシー)や切除した腫瘍の組織検査をします。
その切除した腫瘍がガン細胞の固まりと判断されると「がん」と診断されます。
 
がんの種類によっては塊を作らないタイプもあります。
「リンパ節の腫れ具合」「体液検査」「血液検査」を見ながらがんと診断されます。
一般的な表記ですが塊を作るタイプのものが「癌」と呼ばれ、塊を作らないタイプも含めて「がん」と呼びます


犬の病気・末期がん